【フラット35】S

【フラット35】Sとは、【フラット35】をお申し込みのお客さまが、耐震性、省エネルギー性などに優れた住宅を取得される場合に、【フラット35】のお借入金利を一定期間引き下げる制度です。尚、お借り換えの場合は、【フラット35】Sは利用できません。

金利引き下げの概要

期間

平成30年3月31日までのお申し込み分まで

【フラット35】Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付終了となります。
受付終了日は、終了する約3週間前に住宅金融支援機構のHPに掲載されます。

内容

金利プラン 金利引き下げ
期間
金利引き下げ幅 お申し込み期限
平成29年9月30日
以前の申し込み受付分
平成29年10月1日
以降の申し込み受付分
【フラット35】S(金利Aプラン) 当初10年間

年▲0.30%

年▲0.25%

平成30年3月31日
までのお申し込み分
に適用されます。
【フラット35】S(金利Bプラン) 当初5年間

金利引き下げを受けるための住宅の条件

  • 【フラット35】S(金利Aプラン)
  • 【フラット35】S(金利Bプラン)

新築住宅・中古住宅共通の基準

次の1~4のうちいずれか1つの以上の基準を満たす住宅が適用となります。

省エネルギー性の基準に該当する1戸建て住宅である

1. 「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づく「住宅事業建築主の判断の基準」に適合する次のいずれかの書類の交付を受けた住宅。

  • 住宅事業建築主基準に係る適合証

    「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に規定する登録建築物調査機関が発行する適合証です。
    登録建築物調査機関は、サイト「フラット35」でご確認ください。

  • エコポイント対象住宅証明書、またはエコポイント対象住宅証明書(変更)

    「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に規定する登録住宅性能評価機関が発行する証明証です。
    エコポイント対象住宅判定基準が"「住宅事業建築主基準」に該当する"とされたものに限ります。

長期優良住宅の認定を受ける住宅である

2. 「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき「長期優良住宅」の認定を受けた住宅。

耐震性の基準に該当する住宅である

3. "耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3"の住宅。

バリアフリー性の基準に該当する住宅である

4. "高齢者等配慮対策等級4"以上の住宅。共同住宅の専用部分は等級3でも可。

どちらの基準も、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく住宅性能表示制度の性能等級と同じです。
住宅性能評価書を取得しなくても【フラット35】S(金利Aプラン)をご利用いただけます。

ご注意

  • 中古住宅については、「新築住宅・中古住宅共通の基準」または「中古住宅特有の基準」のいずれかの基準を満たす必要があります。
  • 上記の基準のほか、住宅の耐久性等の【フラット35】の技術基準やその他融資基準を満たす必要があります。
  • お問い合わせ
  • 資料請求

このページのトップに戻る