よくあるご質問

フラット35つなぎローンのよくあるご質問

つなぎローンの申込書は、どのように取り寄せるのでしょうか・・?

申込書のご請求をいただいた際、つなぎローン利用のお申し出のあったお客様へ、当社から発送させていただく郵送物に同封しております。同封されていない場合、0120-235-551(平日10:00~17:45)までご連絡ください。

▲ このページのトップに戻る

土地だけの購入費用でも融資の対象になりますか?

土地だけの購入費用はフラット35の融資の対象とはなりませんが、住宅の建築に付随して購入した土地で、かつ、土地の取得時期が申込日の前々年度4月1日以降である場合には融資の対象となります。なお、当社のつなぎローンをご利用いただくことで、土地取得費用についてもフラット35ご融資時までのつなぎ資金としてご利用いただくことが可能です。

▲ このページのトップに戻る

つなぎローンの融資事務手数料は?

つなぎローン初回ご融資時のみ、100,000円(税抜)となります。2回目以降は不要です。

▲ このページのトップに戻る

住宅竣工後の引き渡し代金についても、つなぎローンの対象になりますか?

当社のつなぎローンをご利用いただくことで、住宅竣工後の引き渡し代金についてもフラット35融資時までのつなぎ資金としてご利用いただくことが可能です。

▲ このページのトップに戻る

つなぎローンの金利が変わったのですか?

平成28年10月お申し込み分よりつなぎローンの金利は、融資実行日の前月1日現在の短期プライムレート(みずほ銀行)+1.0%となりました。

[例]
 実行日が平成28年10月5日の場合
 平成28年9月1日の短期プライムレート(みずほ銀行)
 1.475%+1.0%で2.475%

▲ このページのトップに戻る

土地売買代金、着工金、中間金、引渡金の借入限度額は?

  • 土地つなぎ
    土地売買代金は、売買契約金額の100%以内
  • 建物つなぎ
    建築請負契約書において、建築工事の進捗に応じた建築代金の支払条件の定めがない場合は、以下の通りとなります。
着工金 建築請負契約金額の30%以内
建築請負契約書に金額の定めがある場合、契約額の40%以内
中間金 建築請負契約金額の60%以内 (着工金との合計)
建築請負契約書に金額の定めがある場合、契約額の80%以内
引渡金 建築請負契約金額の100%以内 (着工金・中間金との合計)

▲ このページのトップに戻る

つなぎローンの利息計算はどのようになりますか?

つなぎローンの利息計算は日割りで行います。つなぎローンの実行日からフラット35実行日までの日数分の利息をフラット35およびフラット35PLUSの融資金から差し引く方法でお支払いいただきます。

▲ このページのトップに戻る

住宅融資保険とはどんなものですか?

つなぎローン実行においては、住宅金融支援機構による買取仮承認を取得されることが条件となりますが、買取仮承認は住宅金融支援機構がフラット35の本承認 をお約束するものではなく、工事請負業者が倒産してしまい住宅が建たないといったケースや、建設された住宅において適合証明書が発行されない場合等はフラット35の融資が実行されません。
このような場合、フラット35の実行金にて回収するはずのつなぎローンにおいては、債務者(お申込人)が資金を用立てて弁済することになりますが、債務者からの弁済がなされない場合に備え、当社は住宅金融支援機構を保険者とする保険に加入し、当該保険費用を当社が負担いたします。
なお、当該保険は債務者(お申込人)の住宅が建たないといったケースや、建設された住宅において適合証明書が発行されずにフラット35の融資が実行されない等により被る経済的損失を補償するものではないことにご留意ください。

▲ このページのトップに戻る

延長手数料が無料になったのですか?

はい、1回目の延長に関しては延長手数料を無料とさせていただくこととしました。
ただし、2回目以降は30,000円(税抜)を頂戴いたします。

▲ このページのトップに戻る

  • お問い合わせ
  • 資料請求

このページのトップに戻る